News

ヘンプとは

ヘンプを使う理由 昨今環境問題は、先延ばしする事無く今すぐに対応していく必要があると考えています。 ヘンプは、麻の中でも抗菌性・消臭性に優れているうえ、農薬に頼らずに育つ1年草です。すべての部分が利用可能な上、土壌改良までするという  hemp(ヘンプ)とは。意味や解説、類語。麻。大麻 (たいま) 。 - goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 アサ(麻、英名Cannabis)は、学名カンナビス・サティバ (Cannabis sativa)といい、中央アジア原産とされるアサ科アサ属で大麻草(たいまそう)とも ヘンプ (hemp) は、繊維型とされ、繊維利用のために品種改良した麻の呼称で、繊維利用の研究が進んだ欧米諸国でそう呼ばれ、規制法で表記される植物名のカンナビスと区別している。ディーゼル  2016年12月28日 「ヘンプ」は「リネン」と同様に清涼感のある素材として親しまれているが、「大麻」と聞くと違法薬物を連想する人が多いかもしれない。しかし日本では、大麻を衣食住で一般的に利用してきた歴史が深く、現代においても衣料品に使われる大麻は「  2012年7月31日 大麻とは、麻の一種で 桑科の植物の靭皮部分(ジンピブブン 外皮のすぐ内側にある柔らかな部分)からとった繊維です。ヘンプ(hemp)とも呼ばれます。 強度があり 耐久性 耐水性に富みますが、漂白すると 弱くなり弾性に欠けるので 最近は 

ヘンプを使う理由 昨今環境問題は、先延ばしする事無く今すぐに対応していく必要があると考えています。 ヘンプは、麻の中でも抗菌性・消臭性に優れているうえ、農薬に頼らずに育つ1年草です。すべての部分が利用可能な上、土壌改良までするという 

2019年11月20日 ヘンプは日本でいう「麻」のことを指します。 麻の実は日本では古くから馴染みのある「八穀」の一種。そばなどにかける七味唐辛子に入っている一味としても使われています。 最近、このヘンプの持つ素晴らしい栄養価が注目され、スーパー  ヘンプとは? ヘンプ(麻)とは、桑科の一年草で、農薬や化学肥料いらずで育ち(土壌を浄化する力も)、その成長の早さ(一年で3~4m!以上)の為、麻は地球環境を大きく改善する可能性のあるエコロジーな植物として、近年欧米より始まり世界中に注目され 

世界的に注目度が高まっているヘンプ(麻)。その魅力と知られざるパワーをご紹介します.

ヘンプ(麻)・ヘンプシード(麻の実)とは?ヘンプはアサ科の植物。生育が速く生命力のある一年草で、約90日で収穫することができ、約3~4mの高さまで成長します。古代から3000年近くにわたり、人類の暮らしに寄り添い、文化に根付いてきた農作物です。 ヘンプvs大麻. 何が違うのか疑問に思ったことはありませんか?この問題は非常に複雑な理由があります。 それは産業用大麻、工業用大麻を大麻草という植物であることが要因です。 この二つは、いずれも大麻草植物です。しかし「ヘンプ」、もしくは「産業用  プレマでは現在、ヘンプ食品や繊維製品のバリエーションを増やしています。 健康に多種多様な有用性を持つことがわかっており、1999年の創業時から注目している「人々を幸せにする素材リスト」に入っている植物素材だからです。 ただ流行を追いかけているの  糸、ロープ、衣類その他の生地の材料となり、強度、耐久性があるので高品質の織物となります。加工の仕方により綿より柔らかくする事も可能で、吸水性にも優れるため、タオルやおむつ、ベビー服等に最適です。またヘンプ衣料は免疫力を高め、電磁波を防ぐ  2017年10月2日 本誌2012年9月号で「今から始める大麻栽培」という特集を組んだところ、大反響を呼んだ。あれから5年が経過したが、日本での栽培面積は約6haと横ばいで推移している。ところが世界を見渡せば、産業用ヘンプは医療用・嗜好用と区別  2019年11月20日 ヘンプは日本でいう「麻」のことを指します。 麻の実は日本では古くから馴染みのある「八穀」の一種。そばなどにかける七味唐辛子に入っている一味としても使われています。 最近、このヘンプの持つ素晴らしい栄養価が注目され、スーパー  ヘンプとは? ヘンプ(麻)とは、桑科の一年草で、農薬や化学肥料いらずで育ち(土壌を浄化する力も)、その成長の早さ(一年で3~4m!以上)の為、麻は地球環境を大きく改善する可能性のあるエコロジーな植物として、近年欧米より始まり世界中に注目され 

ヘンプハーツジャパンの公式ホームページ。カナダの大自然の中で自然栽培された麻の実ナッツだけを原料に、低温圧搾で絞ったヘンプオイル、プロテインパウダー、プロテインフレークなどのヘンプ食品を販売しています。

ヘンプvs大麻. 何が違うのか疑問に思ったことはありませんか?この問題は非常に複雑な理由があります。 それは産業用大麻、工業用大麻を大麻草という植物であることが要因です。 この二つは、いずれも大麻草植物です。しかし「ヘンプ」、もしくは「産業用  プレマでは現在、ヘンプ食品や繊維製品のバリエーションを増やしています。 健康に多種多様な有用性を持つことがわかっており、1999年の創業時から注目している「人々を幸せにする素材リスト」に入っている植物素材だからです。 ただ流行を追いかけているの  糸、ロープ、衣類その他の生地の材料となり、強度、耐久性があるので高品質の織物となります。加工の仕方により綿より柔らかくする事も可能で、吸水性にも優れるため、タオルやおむつ、ベビー服等に最適です。またヘンプ衣料は免疫力を高め、電磁波を防ぐ  2017年10月2日 本誌2012年9月号で「今から始める大麻栽培」という特集を組んだところ、大反響を呼んだ。あれから5年が経過したが、日本での栽培面積は約6haと横ばいで推移している。ところが世界を見渡せば、産業用ヘンプは医療用・嗜好用と区別